ぎっくり腰になったら

腰の治療


ぎっくり腰には鍼灸がとても効果的です。

もしも、ぎっくり腰になってしまったら、適切な対応がとても重要です。

特に、なり始めの2〜3日の対応次第で、治療期間に違いが出てしまいます。

そこで、もしもぎっくり腰になってしまった時の、
適切な対応について説明します。

安静にする

安静といっても、寝ているという意味ではありません。起き上がるだけで痛いような時は仕方ありませんが、出来る範囲であれば、通常通りの生活をしていただいて構いません。しかし、痛みの出る動きを極力控えて、静かに過ごして、身体の疲れをとって下さい。

自己治療をしない

早く良くなるようにと、自己流で治療をしないで下さい。ご自分で揉んだり、温めたり、伸ばしたりしないで下さい。その直後は痛みが軽減するかもしれませんが、あくまでも一時的で、後で悪化する事がほとんどです。

冷やす

動かずに、じっとしていても痛む場合は、痛い場所を冷やして下さい。この場合は、冷感湿布よりも、冷たい氷などを使い、実際に冷やした方が効果的です。(冷感湿布はヒヤッとするだけ、つまり、冷たく感じるだけで、実際には熱の移動は無く、冷やしてはいません。あくまでも、鎮痛成分が皮膚より吸収されるだけです。)

安静にできない時について

安静が一番大切ですが、どうしても仕事を休めないとか、外せない用事があるような場合は、コルセットやさらしを巻いて、腰部を固定し、動いても極力痛みが出ないようにして下さい。なお、コルセット等は長くても1〜2週間以上は使用しないようにして下さい。固定する事で、血流が阻害されて治りが悪くなったり、筋肉の代わりをしてしまう事で、筋力低下などの悪影響が出てしまう事があります。

以上の事に注意した上で、早めに鍼灸治療を受けて下さい。急性のものは、早ければ早いほど効果的です。

ぎっくり腰の根本の原因は、ほとんどが疲労(過労)です。特に、腰に疲労を貯めないようにすれば、かなり高い確率でぎっくり腰を予防出来ます。疲れを貯め過ぎないように、自己管理をしっかりとして、万が一ぎっくり腰になってしまったら、ゆっくりと身体を休めて、鍼灸治療を受けて、早くなおるようにして下さい。

高齢者と鍼灸治療 ぎっくり腰になったら 安産灸 逆子のお灸
田園調布 針灸マッサージ【楽】 院長日記 多摩川駅・雪が谷大塚駅・田園調布駅・沼部駅・御嶽山駅・石川台駅 東京 大田区のマッサージ治療

大田区田園調布の当鍼灸院では、初診料は頂いておりません。
「論より証拠」、まずは、体験してみて下さい。そして、納得されたうえで、2回目、3回目の治療を受けて下さい。

針灸院「楽」

さらに、予約時に「ホームページを見た」とお伝えいただければ料金の割引をさせて頂きます。(5,000円以上の治療で1000円引き、5,000円未満の治療では500円引き)

針灸治療で肩こり・腰痛・膝痛改善
月〜金 午前10時〜午後1時
午後3時〜午後9時
(予約受付 午後8時迄)
午前10時〜午後1時
午後3時〜午後6時
(予約受付 午後5時迄)
休診日 日曜・祝日・第1,3,5木曜日

〒145-0071 大田区田園調布1-35-3
TEL:03-5483-2756

※駐車場あり(予約制)
※予約制です。ご希望のお時間をお取りできない場合もございますので、お早めのご予約をお願い致します。

腰痛・膝痛・肩こりでお悩みの方へ 東急東横線・池上線・田園都市線・目黒線・大井町線 大田区鍼灸師会
針灸院 楽(大田区田園調布)|リンク集