子宮内膜症と子宮筋腫の鍼灸治療

子宮内膜症(チョコレート嚢胞)と子宮筋腫の鍼灸治療の症例

子宮内膜症(チョコレート嚢胞)と子宮筋腫の鍼灸治療の症例

普段から体調管理のために、月に1〜2回の頻度で定期的に来院なされている患者さん(40代前半女性)から、子宮内膜症(チョコレート嚢胞)と子宮筋腫があり、少し大きい(患者さんからの情報なので、具体的な大きさは分からず)ので、経過をみて、大きくなったり、痛みが強くなったら、手術が必要になるかもしれないと、相談を受けました。

10年位、定期的に鍼灸治療を受けている方で、体質も良く分かり、信頼関係もある方なので、約束は出来ませんが、鍼灸治療で良くなる方はたくさんいますよ、とお話をして、鍼灸治療を開始しました。

最初は週に1回で、5回目からは、経済的、時間的な負担を考慮して、2週間に1回の鍼灸治療を行いました。

治療の目的は、身体(特に下半身)の冷えを取り、下腹部の血流を良くして、腹部の血を改善することです。

通常の全身治療と並行して、婦人科疾患全般に効果的な温灸で、腰、下腹部、下肢の婦人科疾患に関するツボに温灸治療をして、ひたすら下半身を温めていきます。

特に下腹部は圧痛点を取穴し、その圧痛点と下肢の足三里、三陰交、血海のツボには、毎日、自宅で施灸してもらいました。

この患者さんは、頑張って、ご自分で毎日施灸なさいました。

治療開始の2ヶ月後に、産婦人科で診察を受けて、子宮内膜症(チョコレート嚢胞)はなくなり、子宮筋腫も2cmまで小さくなり、手術の心配はなさそうとのことで、お医者さんも驚いていたそうです。

子宮内膜症が小さくなったり、なくなったり、子宮筋腫が小さくなったりすることは良くありますが、この方はとても早く良くなった例です。一般的には早く良くなったものほど、ゆっくり時間をかけて良くなったものよりも、リバウンドする確率が高いような気がしています。

身体自体が内面から変化するには、最低でも3カ月、通常であれば、半年〜1年かけて体質を改善することがとても大切です。

患者さんにはその旨を説明し、最低でも半年、出来れば1年間は、毎日の自宅施灸も含めて治療を継続するようにアドバイスをして、現在も治療を継続し、経過観察しています。

※この方は、様々な理由から、2週間に1回の治療ですが、基本は週に1回以上の鍼灸治療+毎日の自宅施灸をおすすめしています。

高齢者と鍼灸治療 ぎっくり腰になったら 安産灸 逆子のお灸 子宮内膜症と子宮筋腫の鍼灸治療 顔面神経麻痺の鍼灸治療 動悸、不整脈、心房細動の鍼灸治療 交通事故(むちうち症〜頚椎捻挫、外傷性頚部症候群)の鍼灸治療 テニス肘、ゴルフ肘の鍼灸治療 テニス肘、ゴルフ肘の鍼灸治療
田園調布 針灸マッサージ【楽】 院長日記 多摩川駅・雪が谷大塚駅・田園調布駅・沼部駅・御嶽山駅・石川台駅 東京 大田区のマッサージ治療

大田区田園調布の当鍼灸院では、初診料は頂いておりません。
「論より証拠」、まずは、体験してみて下さい。そして、納得されたうえで、2回目、3回目の治療を受けて下さい。

針灸院「楽」

さらに、予約時に「ホームページを見た」とお伝えいただければ料金の割引をさせて頂きます。(5,000円以上の治療で1000円引き、5,000円未満の治療では500円引き)

針灸治療で肩こり・腰痛・膝痛改善
月〜金 午前10時〜午後1時
午後3時〜午後9時
(予約受付 午後8時迄)
午前10時〜午後1時
午後3時〜午後6時
(予約受付 午後5時迄)
休診日 日曜・祝日・第1,3,5木曜日

〒145-0071 大田区田園調布1-35-3
TEL:03-5483-2756

腰痛・膝痛・肩こりでお悩みの方へ 東急東横線・池上線・田園都市線・目黒線・大井町線 大田区鍼灸師会
針灸院 楽(大田区田園調布)|リンク集